スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ECS P4M890T-M2のBIOSが上がっていました 

http://www.ecs.com.tw/ECSWebSite/Products/ProductsDetail.aspx?detailid=656&DetailName=Bios&MenuID=1&LanID=5結構はまってる人居ると思うのとあまり情報が上がっていないようなのでメモしておきます。以前にWINDOWS上でエラーが出て実行できなかったのですが、これはoptionでIDエラーを無視するをチェックすることでBIOS自体のupdateは出来ました。が、再起動すると「PCI IRQ Routing Table Error 」とCMOS CHECK ERRORが出てきます。しかしXPの起動をしてみると旗までは出ますがそこでフリーズしました。何度やってもダメな上、CMOSクリアも試しましたがこれもダメ。結局クチコミで見かけた「バージョン07/05/15で使用している」というのを見て、自分もDOSからupdateしました。結果、PCIなんたらエラーは出ず、XPも起動しました。最新バージョンではさらにいくつかFIXされているようですが起動しないよりは良いのかもしれません。一応CPUのマイクロコードもUPされているので、Conroe 4xx,E6xxx,E4xxx,E2160 series cpuが使えるようです。これからupdateする人はwindows上でバージョン07/05/15を使うのがよいかもしれません。再起動後のLAN消え問題はまだ未検証なので分かりませんが、ECSの情報ではfixしたと言い張っているようですので期待してみます。さすがはエリートな製品だけあって、ユーザーも色々とエリートでないと面倒ですねー。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。