スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LVMで巨大で柔軟なHDDを構築 

複数のHDDをまとめて、適宜容量を増やし行く方法はないのか?と思っていたがこれだ。RAID対応外付けHDDやFREENASにあるJBODはまとめてくれるのだが、あとで付け足せるのかはわからなかった。LVMを使うと仮想的にHDDを増設できる。実験では以下のように構築。20G+20G+80GをLVMでまとめた。
kotatu@ubuntu:~$ sudo vgdisplay -v lvm[sudo] password for kotatu: File descriptor 4 left openFile descriptor 5 left openFile descriptor 7 left openFile descriptor 8 left open Using volume group(s) on command line Finding volume group "lvm" --- Volume group --- VG Name lvm System ID Format lvm2 Metadata Areas 3 Metadata Sequence No 3 VG Access read/write VG Status resizable MAX LV 0 Cur LV 1 Open LV 1 Max PV 0 Cur PV 3 Act PV 3 VG Size 113.84 GB PE Size 4.00 MB Total PE 29144 Alloc PE / Size 29144 / 113.84 GB Free PE / Size 0 / 0 VG UUID pjn2W1-gL3C-4sn8-XzFl-XeCG-VzIQ-3JpC4l --- Logical volume --- LV Name /dev/lvm/home VG Name lvm LV UUID SQfAI5-6rbv-0pwA-fg1p-ebMK-lshR-xGPUIE LV Write Access read/write LV Status available # open 1 LV Size 113.84 GB Current LE 29144 Segments 3 Allocation inherit Read ahead sectors 0 Block device 254:0 --- Physical volumes --- PV Name /dev/sda2 PV UUID Xkhxmy-YilH-2B5y-lr1l-Uo0o-VtbV-fC56EN PV Status allocatable Total PE / Free PE 4739 / 0 PV Name /dev/sdb1 PV UUID 3ugBRE-TDQT-ACrS-tknK-6GPu-4MuW-A0m1O8 PV Status allocatable Total PE / Free PE 4773 / 0 PV Name /dev/sdd1 PV UUID MmycxC-Z3a8-7apB-sbpl-c9Dd-Ayjx-xygJvX PV Status allocatable Total PE / Free PE 19632 / 0
UTBUNTUで実験した工程はほとんど参考url通りで、一部エラーが出たときの対処法は別に見て完了。http://euqset.org/archives/065115.htmlハウツー:LVMで楽々ディスク管理http://sourceforge.jp/magazine/07/09/04/0115239このエラーが出たときの対処 /proc/misc: No entry for device-mapper found Is device-mapper driver missing from kernel? Failure to communicate with kernel device-mapper driver. /proc/misc: No entry for device-mapper found Is device-mapper driver missing from kernel? Failure to communicate with kernel device-mapper driver. Incompatible libdevmapper 1.02.20 (2007-06-15)(compat) and kernel driver LV VG Attr LSize Origin Snap% Move Log Copy% Media Myth -wi--- 175.50G[SOLVED] LVM volume no longer visible in Gutsyhttp://ubuntuforums.org/showthread.php?t=608369を参照。構築後の問題点。ドライバの読み込みができない。sudoでmodprobe dm_modmodprobe dm_cryptmodprobe dm_mirrormodprobe dm_snapshotと読み込む。起動時に自動でマウントできない。vgchange -a yでアクティブにしてマウント。mount -t ext3 /dev/lvm/home /home/kotatu/lvmLVM作成後当然自動起動したいわけだが方法が記載されていない。仕方ないのでがんばって調べたがスマートな方法は見つからず適当に考えた結果。ドライバの自動起動設定。sudo gedit /etc/modulesを編集dm_cryptdm_mirrordm_snapshotdm_modを追記Ubuntuに自動実行スクリプトを配置適当なシェルスクリプトを書く。#!/bin/shvgchange -a ymount -t ext3 /dev/lvm/home /home/kotatu/lvmhdparm -S7 /dev/sda /dev/sdb /dev/sddhdparm -S20 /dev/sdc/etc/init.d/以下にシェルスクリプトを配置。実行可能に。update-rc.d <スクリプト名> defaults をrootで実行/etc/rc*.d/以下にシンボリックリンクが自動生成されるとてもかっこ悪い方法だが他にやり方がわからない・・。こちらのほうがスマートなようだ。”/etc/profile.d/”ディレクトリ以下にある全てのシェルスクリプトが実行されるので、ここに作成して置いておくと出来た。故障したHDDの取り外し過程http://beer.dip.jp/unix/lvm.html論理ボリュームのパーティションのサイズの変更# umount /dev/vgxx/lvolx# lvreduce -L+30G lvm /dev/sda1# pvmove /dev/sda1# pvscan交換HDDのfreeを確認x86システムにおける現在のサイズ限度は2テラバイト32 MBは適正なエクステント・サイズhttp://www.ibm.com/developerworks/jp/linux/library/l-lvm2.html
カーネルの制限により、エクステント・サイズから、論理ボリュームに有効な最大サイズが決まります。前述の出力からお分かりのように、4 MBのエクステント・サイズにより、256ギガバイトの論理ボリューム・サイズ制限が課せられます。つまり、ボリューム・グループに高容量ディスクを追加する場合には簡単に到達する論理ボリューム・サイズです。ボリュームが最終的に256 GBより大きくなった場合は、vgcreateの実行時により大きいエクステント・サイズを指定することをお勧めします。エクステントの範囲は8 KB?512 MBまで可能ですが、必ず2の倍数でなければなりません。エクステント・サイズを4 MBより大きくすることにより、最大物理ボリュームのサイズはそれに従って最大1ペタバイトまで拡大されます (ただし、x86システムにおける現在のサイズ限度は2テラバイトです)。たとえば、エクステントが32メガバイトのボリューム・グループを作成したい場合は、以下のように入力します。 # vgcreate -s 32M main /dev/hda532 MBは管理可能な単位であり、最大論理ボリューム・サイズを2テラバイトに拡張するので、32 MBは適正なエクステント・サイズです。ボリューム・グループを作成したら、"vgdisplay" と入力することでその情報を表示することができます。
VGを削除http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0709/05/news008_3.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。