スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

lxubuntu12.04インストールメモ 

・アプリインストール
jdownloader
Add following two lines in your sources.list

deb http://ppa.launchpad.net/jd-team/jdownloader/ubuntu precise main
deb-src http://ppa.launchpad.net/jd-team/jdownloader/ubuntu precise main


x11vnc
xtightVNCは新たにXサーバを起ち上げて遠隔操作するんですが、これがWINDOWS版感覚だと使いづらい。
対してX11VNCはLinuxでディスプレイに表示中のX画面をそのまま表示する。そうだったのか長らく疑問だったのが解決された。このためにgnomeのVINOを使おうかと思っていたくらいだから。描写はVINOよりも遅く感じる。

x11vnc -forever
クライアントが切れると自動でサーバがきれるそうなので-foreverを付ける。
なにもしないで起動するとパス無しでの接続になる。LAN内の個人ベースならこのほうが便利。

/home/kotatu/.config/lxsession/LXDE/autostart に記述
x11vnc -forever

@x11vnc -forever
とするとなんらかで落ちた場合に再起動するらしい
最近のディストリでは@付きの記述が最初から書いてあった。

samba設定
/etc/samba/smb.confへ記述
設定guiツイールがある。
[mydocument]
browseable = yes
writable = yes
create mask = 0777
directory mask = 0777

アプリの挙動がおかしい時はとりあえず完全削除して入れなおしてみる。
apt-get autoremove
apt-get autoclean

lxdmにセッション選択が出ないときも入れなおしてら出た。


Ubuntu Server 11.04マシンでUSB無線LANアダプタを使う
http://b.l0g.jp/linux/usbwlan-ubuntuserver/

wpa_passphrase [SSID] [キー] > wpa_supplicant.conf
sudo mv wpa_supplicant.conf /etc/wpa_supplicant/
sudo chown root:root /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf


認証の設定を/etc/network/interfaces

auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-essid [SSID]
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

自分の場合ではwlan1になっていたのでそのように修正した。

マシンを再起動
sudo reboot
iwconfig

wicdでは何故か無線を検出しなかったりしてよくわかりません。>ノートPCの無線スイッチがオフだったため検出したりしなかったりの挙動だった模様。


・Windowsの共有フォルダが見えない場合
/etc/samba/smb.confの[global]sectionの最後に、以下を追加。
client lanman auth = yes
client ntlmv2 auth = no

https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=13427


・「システムプログラムの問題が見つかりました」を消したい
sudo rm /var/crash/*
sudo sed -i 's/enabled=1/enabled=0/g' /etc/default/apport


・古いverのUBUNTUで最新のドライバーを使いたい
UbuntuBackports
https://help.ubuntu.com/community/UbuntuBackports

・「dpkg: サブプロセス post-installation script はエラー終了ステータス 1 を返しました」対処

http://mypace75.blog92.fc2.com/blog-entry-279.html

*.postinst ファイルは /var/lib/dpkg/info ディレクトリにあるはずです
それと、*.postinst 以外に *.preinst、*.prerm、*.postrm が (もしあれば) 一緒に削除してしまう方が確実です
また *.deb ファイルを消す必要はありません (このファイルが破損しているなら別ですが)




X のScreensaverを無効にする
ターミナルでxset s off
自動起動としてautostartに書いておくか

~/.profile に
(sleep 10;xset s off;xset dpms 0 0 0)&


Ubuntu13.04のPCMANFMでwindows共有が見えるがマウント出来ない
バグ修正待ち。アドレスにip直打ちで
smb://198.0.0.3/mydocument
とするとマウントされて使える。
またはgnomeのnautilusを代用。

Ubuntu13.04で使えるVNCビュアー
以前のターミナルクライアントがないのでremminaを使う。

DLNAサーバーを使いたい
いくつかあるがminidlnaがダントツで軽い。特にindex作成が実用的な早さ。
rygelはオーディオプレイヤープラグインがあり、他マシンからデータを送って鳴らす事ができ便利だったが、サーバーでindex作成するのが非常に重く実用出来なかった。プレイヤーだけ使いスマホで選曲しデスクトップPCなどに繋いだ大型スピーカーで鳴らすwifiスピーカー風な使い方はあり。


軽いUbuntu派生ディストリビューション
WattOS とそのさらに省電力版microwatt版。こちらはLXDEよりも軽いデスクトップが採用されている。
PuppyLinux5.50 debianパッケージが使える。だがPentium-MなどPA非E対応PCでは使えない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。