スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 7RCを入れてみた 

インストールが早いという話を聞いていたが環境によるとは思うがそうでもなかった。XPのほうが早かった。全体的に今どきなOSになったなという印象。UBUNTUなどだと普通にできることがやっと7でもできましたよ。「おいおまえら、7はこんなことも対応したんだぜ!さぁ買え」「え?UBUNTUではとっくの昔に対応してるじゃん」そんな会話も聞こえるかもしれんが。XPなどだとあれがない、これがだめとか制限や面倒なこともあった部分が、そういったことが標準で対応してきましたよと。メディアのコーデックや、SATA2などのハードへの対応など。正直XPをカスタムしてる人はそれで十分だし、7で動かないソフトもやっぱりある。あれこれ工夫して動かすこともできるが「そこまで苦労しなくてもXPでいいし、OS代の数万でPC買えるじゃん」、という結論には容易にたどり着きそうだ。問題は各ソフトベンダーや特にMSが「このソフトはVISTA以降じゃないと動かないと」という制限だ。特にDX10対応の問題でゲームなどが影響を受けそう。ということで必要なゲームなどができなくなるまではXPでいきまっする。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/11-6b069fa4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。