スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またDTMしよう 

どうやらMusic Studio IndependenceはVSTが弱く良く落ちるし、audigy付属のcubasis VSTは最新のVSTiが使えないっぽいため、作曲の意欲もなくなっていた。ProteusVXもうまく動かなかったり。が、最近使える3つのソフトを見つけた。MU.LAB freeDAWソフト。使いやすい。これから各VSTiを使っていく。Independence Free 2.0.02Gという巨大な無料サンプルを持つソフトシンセ。レイヤー機能を持ち、1つのVSTIで多数のMIDI chを使いマルチティンバー機能が使える。ProteusVX完全なソフトシンセがタダで手に入る感じ。実体がないだけで中身は本物のシンセとなんら変わらない。1000パッチはどれも「使える」音色。ドラムキットも多いので、別途ドラムVSTIが無くとも十分。音色はdryなパッチだけでなくエフェクトが効いた実用的なパッチも多く、個別にFXを2つ付けることも出来る。パッチはそのままでも良い音がするし、エディットもできる。SF2も良いがエディットしながら作曲をするとなるとちょっと難しいのでVSTiはやはり便利。concert pianoは生録っぽいちょっとリアルなピアノが欲しいときに巨大なピアノvstiの代わりに手軽に使えそうだ。他には単にVSTIの音色チェックやリアルタイム演奏をしたいときに手軽で便利なソフトがあった。大げさなDAWがいらずにすぐチェックできる。各VSTIとの相性もよい。vsthostMiniHost

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/112-ba5bc327

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。