スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu Netbook Remix 

http://viva-ubuntu.net/?p=796Ubuntu Netbook RemixミニサイズノートPC向けにカスタマイズされた「UbuntuLinux」。既存ubuntuでも体験できるそうだ。ただ、8.04でないとそのままではlibの依存問題で一部のソフトがインストできない。既存ubuntuから入れると単に小さい画面でも使いやすいランチャーが入った程度で特別軽くなるわけではないが、ミニノートにバンドルされるOSはカスタマイズされて大きなサービスやソフトが削除され軽快に動作するようになっているのかが気になるところ。atomもそれほどパワフルなCPUではないので、ある程度は調整されるのだろうが。eeePC向けのeeeUBUNTUからカスタムするのが良さそう。古いノートPCにも使えそうだが、動作環境のメモリが512MBとあるようにPC133メモリなマシンだとメモリがネックになってしまう。DDR以上のマシンが必要だ。抜粋メモ
■リポジトリの追加(8.04環境の場合)deb http://ppa.launchpad.net/netbook-remix-team/ubuntu hardy maindeb-src http://ppa.launchpad.net/netbook-remix-team/ubuntu hardy mainインストールgo-home-appletwindow-picker-appletmaximushuman-netbook-themeume-launcher1、「システム」>「設定」>「セッション」を開き、「+追加(A)」をクリック。 「コマンド(M)」に「maximus」と追加します。2、「システム」>「設定」>「外観の設定」>「テーマ」で Human Netbook を選択3、パネルの設定変更をします。4、デスクトップの下のパネルを削除5、上部パネルのアプレットを以下のように変更します。パネル上で右クリックして、「パネルへ追加」を。「Go Home」「Window Picker」を追加。「通知スペース」「音量調節ツール」 「時計」はそのまま残します。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/137-4e754f45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。