スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンタと用紙 

NANのmixiでのコメントでは長いのでこっちで。TB無いと不便。HPプリンタはインクの使用期限で使用が制限されるという話だ。今後買い替えなどでは気になる話だ。HPはインク買えばヘッドも新品になるし、文字印刷の綺麗さ、LINUX対応などで好印象がある。高いといっても昔のように1個5000円もしないし、プリンタ買い替えよりは安いしごみもでない。CANONは昔はヘッド交換ができるので選んでいたけど、修理扱いになって安く交換できなくなったって聞いてから買わない。プリンタはうちでは年に一度必要になるかどうかである。なくても困らないことが多い。写真は店でプリントするしTEXT程度ならPDAで持ち歩ける。最近は競馬新聞の印刷のために週に1度は印刷している。そのため目詰まりもしにくいだろう。もっともうちのはほっといても勝手に電源入ってヘッドクリーニングしてくれてるみたいなので心配も無いだろうが、インクはどんどん減っていく。うちのDELLはヘッド一体型で黒を補充して使っている。補充だとインクが無いって画面出て邪魔だけど問題なくプリントできてる。補充で問題が出た場合にはまた安いのが出てれば買ってもいいし、なければ純正インクを買えばいい。送料1000円てのが高いんだが。プリンター用紙は文字がほとんどなのでコピー用紙を使っている。とにかく安いし顔料インクならレーザー並に綺麗に出る。DIYで買った500枚400円程度の紙が残り少なくなったので買おうと探したところこれが。KOKUYO PPC用紙A4サイズ(500枚×5冊入) PPCPAPER-EA4 価格: ¥ 1,700 これはDIYで350円程度で売っているようなノーブランドなペラペラの低品質用紙と違うようだ。しかも500枚あたり340円と安い。問題は個人に2500枚は多すぎること。500枚でも年単位で消費するのに5冊となると何年なるやら。紙飛行機でも作るか。単品だと500円ほどでヨドバシだと710円。ちなみにノーブランドである用紙はAPPが目立つ。ヨドバシでも売っている。http://www.jca.apc.org/jatan/lib/indnppc.html
アジア・パルプ&ペーパー(APP)の製品APPの製品は、主にPPC(コピー)用紙として日本に輸入されている。2004年には、日本国内で販売されているPPC用紙の約28%がインドネシア製品になっており、そのうちの約85%がAPPの製品であると推測されている。APPの製品ブランドには、PAPER EXCELPROとPAPER WIDEPROがあるが、OEM生産によって、ブランド名や生産国が表示されていない商品も多数販売されている。
あまり買いたくないかも。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/173-7973aef0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。