スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

geexboxをUSBへインストのメモ 

formatはFATのままでもOK。codecを全部入れて、合計57MBの空きが必要。GrubのインストールUSBドライブをアンマウントgrubを起動してコマンド上でgrub> device (hd0) /dev/sdagrub> root (hd0,0)grub> setup (hd0)grub> quit以上でUSBのMBRにインストされる。ブート時コマンドではdevice命令がない?不可。LINUX上のgrubでのみ。通常インストでbiosエラーの場合grub-install --recheckmenu.lstは
default 0timeout 2color cyan/blue white/bluesplashimage=(hd0,0)/boot/grub/grub-splash.xpm.gztitle GeeXboXroot (hd0,0)kernel /vmlinuz root=/dev/ram0 rw init=linuxrc boot=sda1 lang=jp splash=silent vga=789 keymap=qwerty remote=creative receiver=creative video=vesafb:ywrap,mtrrinitrd /initrd.gzboottitle GeeXboX (debug)root (hd0,0)kernel /vmlinuz root=/dev/ram0 rw init=linuxrc boot=sda1 lang=jp splash=0 vga=789 keymap=qwerty remote=creative receiver=creative video=vesafb:ywrap,mtrr debugginginitrd /initrd.gzboot
boot=sda1がポイント。SyslinuxはGEEXBOX CD起動後boot:installコマンドでインストールできるが,USBデバイスによってははじかれる事があった。弾かれなければこれが一番簡単なはず。マニュアルでsysylinuxインストしても起動でkernel panicしてしまう。
Note: Installator will fail in case you are using old BIOS that does not support booting from USB as RMD-HDD. Manual installation is helpful there. Just do not create any partition table on targe USB drive. (I had to set the BIOS setting as USB-RMD-FDD to make sure it boots.)
その場合はHP USB Disk Storage Format Tool のquick formatで消せる。sysylinuxだとLIVE LINUXのインストが簡単に。grubだとその他の起動や修復に便利になる。WINDOWSはUSBメモリの1st partしか認識しないため、2nd以降にgeexboxを入れることでwinからは何も見えず、さもgeexboxがROM化されたUSBメモリのように見える。普通にUSB挿して見えたドライブに突っ込めばOKになる。いろいろ見えて面倒だったり素人に渡す場合には有効。USB起動ディスクの作り方 - MS-DOS、FreeDOS、イメージファイル、USBメモリ、フラッシュメモリ
http://memorva.jp/internet/pc/dos_usb.phpHP USB Disk Storage Format Tool http://downloads.pcworld.com/pub/new/utilities/peripherals/SP27608.exe

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/199-4828b888

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。