スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ML115 Time Leapベンチ 

ようやくML115にVGAを増設できた。これでほぼ2nd PCのSOKCET Aマシンから移行できるので後は環境のコピーをすれば引退可能かな。メインと2ndはDDRからDDR2へと完全移行ができた形だ。ML115Time Leapベンチx550xt.JPGゆめりあベンチ最高 4624WS000002.jpgRadeon9550よりちょっと上くらい。2680円なら上出来。[ PCI Express x16: Palit Radeon X550 XT ] GPUのプロパティ: ビデオカード Palit Radeon X550 XT BIOSバージョン 009.010.001.015 GPUコードネーム RV410 PCIデバイス 1002-5E4F / 1569-1E4F トランジスター 110 million プロセス技術 0.11 um バスタイプ PCI Express x16 @ x16 メモリサイズ 128 MB GPUクロック 398 MHz (オリジナル: 400 MHz) RAMDACクロック 400 MHz ピクセルパイプライン 4 TMU / パイプライン 1 バーテックスシェーダー 6 (v2.0) ピクセルシェーダー 4 (v2.0) DirectXハードウェアサポート DirectX v9.0 ピクセルフィルレート 1592 MPixel/s テクセルフィルレート [ TRIAL VERSION ] メモリバスのプロパティ: バスタイプ GDDR3 バス幅 128 bit リアルクロック 452 MHz (DDR) (オリジナル: 450 MHz) 有効クロック 904 MHz 帯域幅 [ TRIAL VERSION ] メモリタイミング: CAS Latency (CL) 6T RAS To CAS Delay (tRCD) 8T RAS Precharge (tRP) 6T RAS Active Time (tRAS) 12T Row Refresh Cycle Time (tRFC) 27T RAS To RAS Delay (tRRD) 4T Write Recovery Time (tWR) 5T

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/259-c0af289f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。