スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDDレコーダのデフラグの必要性 

まず使われているファイルシステムが何なのか。FAT,NTFSならば分断化しやすいが、Linuxのネイティブファイルシステムならば分断化に強いためディスクのデフラグはほとんど必要ない。スゴ録 RDR-HX 6のファイルシステムは確認はされていないがxfsらしい。xfsはSGI社が開発したジャーナリング機能をもつファイルシステムの一つでLinuxでも利用される。数百TテラBの超大容量データを扱うことも出来る点や負荷が低いなどの点でext3よりも高性能といえる。そもそもなぜデフラグをするのかというと、HDDアクセス速度の低下防止、クラッシュ時の復旧可能性アップだろうが、独立されて救出することも出来ないシステムであるHDDレコはその必要性もないんじゃないだろうかと。一度だけ全録画番組を消去できたときにdiskの初期化をしたことがあったが、ハングアップは相変わらず起きるし、パフォーマンスが上がったということもない。ということでHDDレコのディスクのデフラグは必要ないだろう。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/264-d9da3019

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。