スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ubuntu 7.04でberylを使うには 

追記:後日改めてberylを入れたのだが、以下の方法よりもAPTで単にberyl関連ファイルを入れるだけで動作した。もともとxorgのATIドライバが入っていたようでドライバのインストはしなくても動作した、とメモ。ubuntu 7.04でberylを使おうとして高性能ATIドライバをシステム>システム管理>制限つきドライバ を選ぶとドライバをインストールできる。が、これは現時点ではberylが正常に動作しないことが多く、起動してもberyl: No composite extensionとエラーがでて使用できない。修正するにはこれは削除し、オープンなドライバを使うことで解決できる。sudo apt-get remove xorg-driver-fglrx; sudo apt-get install libgl1-mesa-glx libgl1-mesa-dri次に/etc/X11/xorg.confを編集するSection "Device" Identifier "ATI Technologies Inc Radeon R250 [Mobility FireGL 9000]" Driver "radeon" BusID "PCI:1:0:0" Option "XAANoOffscreenPixmaps" Option "AGPMode" "4" Option "AGPFastWrite" "true" Option "DisableGLXRootClipping" "true" Option "AddARGBGLXVisuals" "true" Option "AllowGLXWithComposite" "true" Option "EnablePageFlip" "true"EndSectionSection "ServerLayout" Option "AIGLX" "true" Identifier "Default Layout" Screen "Default Screen" InputDevice "Generic Keyboard" InputDevice "Configured Mouse" InputDevice "stylus" "SendCoreEvents" InputDevice "cursor" "SendCoreEvents" InputDevice "eraser" "SendCoreEvents" InputDevice "Synaptics Touchpad"EndSection最後に追記Section "DRI" Mode 0666EndSectionSection "Extensions" Option "Composite" "Enable"EndSectionこれでberylがインストールされていればxを再起動し、システム>設定>デスクトップの効果>で有効にするとberylが起動できる。berylのインストールはリポリトジに以下を追加してaptをupdate。beryl関連をインストール。deb http://ubuntu.beryl-project.org edgy maindeb-src http://ubuntu.beryl-project.org edgy mainhttp://www.beryl-themes.org/http://www.howtoforge.com/ubuntu_feisty_beryl_ati_radeonを保存しておく。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/288-a9eb50ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。