スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mixi station 

mixiの便利ツールであるmixi stationを試しに入れてみた。気になっていた曲情報送信機能について試してみた。4:07の曲を2:57ほど頭から再生したところで曲情報を送信した。試しに頭から少し再生させ、終わりにスキップして次の曲にしてみたが送信されなかった。考えられる送信タイミングは、曲の3/4を再生させる、3分ほど再生させる、という感じだろうか。確実なのはちょっと聞いた程度では送信されないということで、確実に「聴いた」とされるものだけを送信しているようだ。おそらくは市場調査も兼ねているのだろうから、ちょっと聴きというのを外しているのかも。あと曲名などが文字化けするのがある理由は不明。winampだと文字化けするものが、WMPだとしない模様。使えそうなのは聴いた曲のリストからコミュニティーなどへのリンクが張られるので同じ趣向の人を見つけやすいことかな。そのほか、フォトまとめてアップ機能や、あしあとがリアルタイムで報告される機能があるが、そんなにストキングするのもどうかなーという気もする。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/302-cc5bd016

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。