スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ML115G1 NAS化手始め  

ML115G1をNAS化するためにパーツを入れ替えました。
先日ツクモで買ったHDD2台を入れ、リムーバルラック1台、VGAは内臓のみに戻しました。

ここで今さら気づいたんですが、ML115ってCPUファンとHDDが近いので、下から1、2台目のベイのHDDにつなぐSATAケーブルのコネクタが通常サイズだとファンに当たって入りませんでした。良く見ると最初から付いていたSATAケーブルのコネクタはやや小さめで干渉しないようになってます。意外な盲点で取りつけができないため、仕方なく2段目を開けて3段目から増設。新たにSATAケーブルを買うときはL型がいいです。
002420091025.jpg


HDD3台目が来ないとRAIDZ構築が出来ないので、テストとしてZFSでミラーを構築してみました。起動はUSBフラッシュメモリからします。

フォーマットの要らないZFSなのでドライブを登録してやるとすぐに使えます。
WS000579nas.jpg


特に問題はなさそうなので、後は3台目のHDDを取り付けて本格運用開始。
GigaHUBも買ったし長いコピーをWINDOWS機からしておしまい。NASへコピーと言っても480MbpsなUSB2.0より高速なんですよね。

余った1TBx2と怪しいWD1 TBをどうするかはまた考えよう。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/324-7ce30ac0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。