スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FreenasでRAIDZ1構築完了(1分) 

HDDが来たので装着して、テストしていたミラー環境を破壊し、RAIDZ1を構築。取りつけを除けば構築には1分くらい。簡単すぎるZFS。

しかし逝かれたHDDのクローンHDDからコピーしようとしたが、コピー元のデータ壊れていて読めないとwindowsさんがおっしゃるのでchdskを実行。

「完了できませんでした。」

とおっしゃるのでしかたないので不良セクタ修復チェックなど全部つけて再起動。今実行中で、ある記事によると1TBに3時間以上とか。HDDいじめですね。

これが終わればNTFSさんとはサヨナラできるので、ちょっとは気が楽になります。

費用の概算

PC ML115 15k
HDD 1.5TBx3 9kx3=27k
gigaHUB 3k
ケーブル他
合計 だいたい45k

実質2.6TBのRAID付きNASとかiSCSIとか色々出来ました。


あなたのデータは既に壊れているかもしれない
http://raven.air-nifty.com/night/2009/07/silent-data-cor.html

実際、DVDなど光学メディアに保存されたデータは知らないだけで壊れているだろうし、NTFSのHDDももしかしたら怪しいとなるとほんとに夜も眠れないですね。


windowsからFreenasへコピーをしたところ、なぜか80Mmbpsしか出てません。LANの状況をみると100Mでリンクアップしています。疑ったのはケーブルでこれ100均で買った安物なので、別のケーブル(実は安物)に変えたところ1000gbpsでリンクアップして速度も上がりました。Cat5eって書いてあるのに100Mでしか使えない安物はあるみたいですね。

freenas-2009-10-28-3.jpgfreenas-2009-10-28-2.jpg

freenas-2009-10-28-1.jpg



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/326-265390ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。