スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.6TB NAS残り容量が1TBを切りました 

まだ1000GBくらいはあるわけなんだけどなんとなく不安になる。^^;

当初のNASプランは、とにかくコスト優先し、将来の容量不足についてはその時点でのPC界の価格その他の情勢に応じてHDD増設なり再構築する、というものだ。その構想の結果が現在コストパフォーマンスが高い1.5TBx3によるRAIDZ1、だったわけだ。進歩の速いPCで2,3年後を考えて余計なコストを掛けるのは個人では無駄だと思う。

RAIDZ1は実は後からHDDを1台追加して、単純に1ドライブとしてそのまま容量を増やすことができない。これは調べている途中で気づいたのだが、そこは妥協するつもりだった。しかし、容量が不足した時に簡単に増やせないので取れる選択肢は、

1 RAIDなしドライブを追加
2 さらにIDEドライブをSATA変換し、RAID1にする

くらい。鯖PCはSATAコネクタが4つとIDE2個なのでまたやっかいなのだ。SATA変換はコストと安定性からあまりやりたくはないところ。

最近のマザーではSATA6個が多いようで、EX5800 S70も6個。その時が来たら新たに安価になっている2TBのHDDを6個積んで10TB NASの新構築かなあ。みんなはどうしてるんだろう。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/328-c0229345

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。