スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu9.10設定メモ 

RhythmboxでのMP3 ID3タグ文字化け対策
http://pdragon.blog24.fc2.com/blog-entry-443.html

MP3ファイルのタグをUTF8に変換する方法とubuntuにsjisを認識させる方法があって、後者が便利。

ホームに.xprofileが無ければ作成して

export GST_ID3_TAG_ENCODING='CP932'

として再度ログインすると環境変数がセットされMP3タグがsjisのままでも文字化けしなくなる。windowsでタグ付けしている人が多い現在はこれは便利。

Rhythmboxで便利なプラグインCommentsAdd Star
http://chibilog.name/0659


operaの汚いフォントを再設定
WINDOWSよりもなぜか汚いLINUXでのフォントを変える。
ツール>設定>ウエブページ
で標準フォント2ヶ所設定。

表示>スタイル>表示モードの編集
表示設定でユーザースタイルシートを指定。

usr_opera_VL-PGothic-Regular.cssとでもしてファイル作成。
ファイル内容は

/* font-family */

*{ font-family:"ttf-japanese-gothic" !important }
*{line-height:1.0;}

最後の1行を加えるとメイリオなどの広い行間が通常サイズになる。
10.04では標準フォントが変わっているので

特定のフォントにしたい場合は
*{ font-family:"VL-PGothic-Regular" !important }
とでもしておく。



FIREFOXに便利アドオンを入れる
DownThemAll!
DownloadHelper
FireGestures
Flashblock
Grab and Drag
IE NetRenderer
Low Quolity Flash


streamtunerでshoutcastのリストが出ないとき。

/etc/hosts
に追記

205.188.234.120 www.shoutcast.com



Ubuntu でMIDIファイル再生

標準でtotemでfreepatというsoundfontでMIDIが鳴る。当然フォントがそれなりなので音色もそれなり。sfは世界中に無数のファイルがあるので好きなものを入れられるが、簡単なのはFluidR3_GS.sf2でsynapticですぐに入る。

インストール
timidity
timidity-interfaces-extra
fluid-soundfont-gm
fluid-soundfont-gs

/etc/timidity/timidity.cfg に最初からコメントされているFruidフォント関連のコメントアウトを消して、freepatsをコメントアウトして音色を設定。上の方には低スペックPC用の設定もコメントされている。このようにする。

# By default, try to use the instrument patches from freepats:
#source /etc/timidity/freepats.cfg

# alternatively, you can use the fluid-soundfont:
source /etc/timidity/fluidr3_gm.cfg
source /etc/timidity/fluidr3_gs.cfg

なお.rcpも変換なしで聴ける。
supported formats: Standard MIDI files (*.mid), Recomposer files (*.rcp, *.r36, *.g18, *.g36

簡単に聴くためにnautilusで関連付けをする。
rcpなどのプロパティーで
timidity -ia
で関連つける。

これでエフェクトの聴いたゴージャスな音色で聴けるが、GSマップ互換なだけで音色は違うのでバランスは変わる。

totemで聴くにはgstreamer関連の設定が要るのだろうけど分からないのでまた今度。


市販DVD再生

ubuntu-restricted-extras
libdvdcss2
libdvdnav4
libdvdread4

再生はvlcかsmplayerがいい。

ubuntu-restricted-extrasパッケージだけインストールした状態で、
sudo /usr/share/doc/libdvdread4/install-css.sh
で必要なパッケージをインストールしてくれました。

という記事もあるがファイルの存在確認だけで実行していないので未検証。


Linux で VSTi を使う

dssi-vst - A VST plugin adapter for Linux
synth1は動いた模様。wineも必要。

ちなみにSynth1はupdateでzipしたpresetが読み込みのみで使用可能になり、128x10以上の無限presetが利用可能に。

http://www.breakfastquay.com/dssi-vst/
http://dssi.sourceforge.net/
http://haraita9283.blog98.fc2.com/blog-entry-267.html

Currently available hosts (as of May 2010) which provide complete or nearly-complete DSSI support include:

jack-dssi-host, which is a reference implementation included in the DSSI 1.0.0 distribution.
The Rosegarden MIDI and audio sequencer.
ghostess, a host with a simple GTK+ interface, based on jack-dssi-host.
dssi~, a Pure Data external which hosts DSSI plugins.
Aldrin, the tracker and modular synth inspired by Buzz. Full support for DSSI OSC/UIs requires Aldrin 0.13 and Armstrong 0.2.6.
Qtractor, an audio/MIDI multi-track sequencer.
The MusE sequencer added full DSSI support with version 1.0.

他にfrontendと何かがあったが失念。


linux port plugin
http://www.anticore.org/jucetice/?page_id=8

LADSPA plugins
http://tutorials.renoise.com/wiki/Linux_FAQ

LV2
http://lv2plug.in/

LADSPAは(Linux Audio Developers Simple Plugin API)はフィルターやエフェクトの取り扱いの規格であり、GNU LGPL下でライセンスされている。
DSSIはインストゥルメントプラグインを包括する為に、LADSPAを拡張している。
LV2はLADSPAを基礎とした後継規格であるが、拡張を容易にしている。



スタンバイ復帰したVNCサーバーマシンにエラーがでて繋がらない
サスペンドコントローラー
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se363849.html
windowsソフト。スタンバイ復帰したVNCサーバーマシンにつなごうとしても、エラーがでて繋がらない。これはディスプレイが表示されないためのようで、これを使うとエラー回避が出来る。これまでいちいちマウスをつないで動かしていたがこれで便利になった。


Ubuntu 8.04でシステム標準のフォントを変更する
http://d.hatena.ne.jp/itiri/20080428/1209387042

/etc/fonts/conf.avail/69-language-selector-ja-jp.conf
を参照するようになっている。confファイル内のからまでの間に書かれたフォントが割り当てられ、上から優先的に参照される。

設定を変更する場合、/home/ユーザ名/以下に.fonts.conf




RDP接続して音を聞くには

RDP 6 のホストに対して rdesktop でサウンドをリダイレクトする

Windows Vista 以降をリモートデスクトップのホストにしたとき, rdesktop で -r sound オプションを付けてもローカルに音がリダイレクトされずに困っていました。多分 rdesktop が RDP 5 までしか対応していないからだと思います。

理由は分かりませんが,以下の様にディスクデバイスをリダイレクトすることで, -r sound が有効になります。
rdesktop -r sound -r "disk:home=${HOME}" HOST



rdesktop 192.168.0.46 -r sound -r "disk:home=${HOME}" -u user -p pass
クライアントスペック不足かどうかは不明だが、t5730からWIN7へ接続したが音が途切れ、鑑賞には耐えられない。WIN7同士だと当然だがほとんど遅延なし。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/350-359ee61b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。