スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

freenasをUSBメモリにインストールメモ 

FreeNAS-amd64-embedded-0.7.2.5543.img
をDL、ZIP圧縮されているので適当なソフトで解凍する。
DDWin でUSBメモリに書き込み。
ZIP圧縮されているのを忘れていてそのまま書きこんだらブートしないので試行錯誤してしまった。

HDDの不良を確認。
UBCD5.02にサムソンのツールが入っているので、それでチェックをした。全面チェックは相当時間がかかりそうなので、ランダムチェックとしたが全部エラーはなしなので良しとした。1台5分程度。

HD204UI のファームウエア確認。

4個のうち1つはビニール、3つはペットパッケージ。
ペットパッケージ版の3個は001で問題のあるファーム。なぜかネジ4つが付属。
ビニール版は003でOK。ネジなし。

ファームウエアをアップ。
4台ともPCに繋いでファームアップソフトを実行すると既に003のも含めて自動で全部アップをしていた。必要なHDDだけを繋いでおいたほうが良いみたい。DOS起動はUSB起動disk作成が難航し、ふとWINDOWS7でブートFDが作れるのに気づいてそれで作成、089312HD240UI_JP.zipから解凍したファームファイルを短くリネームして転送して起動した。

ファームアップ後freenasでHDDが全滅しており冷や汗が出たが、電源落として再起動したら認識していた。AFT有効にしてZFSを構築。
未使用領域は5.2TBほど。FASTCOPYでの転送速度は、41MB/sec。280GBが1:45分の予測。1TBx2よりは随分高速。
ちょっとCPU負荷が高めだけど落ちなければ良しとします。
WS201102180365.jpg

WS201102180352.jpgWS201102180362.jpg

WS201102180366.jpgWS201102180368.jpg

20110218144124FinePix S9000DSCF3732


合計容量見るとちょっと心もとない気がするので、やっぱり今のうちに5,6台にしたほうがいいかなあ、とは思うものの、実際NAS1号から1年半程度でここまでHDD価格が下落したのを実感すると必要な分だけで止めておくのがコスパ一番いいのも確か。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/364-1a15679b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。