スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料のセキュリティスーツComodo Firewall Pro 

Comodo Firewall Pro @ まとめhttp://www4.atwiki.jp/comodopf/pages/19.html#id_480fc005
良い点永遠にフリー。広告なし。ユーザ登録作業なし。開発元が各種セキュリティ企業。リークテストの成績がほかと比べて優秀。 ※参考 ver2.4 matousec.com @ 2007-10-07      ver3.0 matousec.com @ 2008-03-30 セキュリティのトレンド的な機能は基本的に実装されている。多機能な割にはUIが視覚的に整然としている。アドレスをレンジ、マスク、ゾーン、ホスト名、MACアドレスで指定できる。ポート指定はin、out共にレンジやポートセットで細かく指定が可能。個々のプログラムに対し、ポップアップによってセキュリティリスク(通信、挙動)を段階的に設定可能。自動的に、将来実行されるであろうプログラムをリストアップし、あらかじめ半手動でそれらの脅威を判断する機能がある。(My Pending Files)Windows Vistaに対応。(ver3.0において)64bitに対応。(ver3.0において)HIPS(Defense+)に対応。OEMが可能。自動更新機能がある。更新後は要再起動。(ver3.0において)その他のウリ悪い点多機能な反面、それを一般ユーザーがすべて使いこなすのは難しい。2.4において、設定を記憶させてもまたでてくる。3.0では解決されている。2.4において、やや動作が重い。3.0では改善されている。フリーであるため基本的に開発会社のサポートは期待できない。公式フォーラムもあるが基本英語である。ポップアップのGUIが直感的でない(一回だけ許可するためには、Remember my answerのチェックを外してからOKを押す必要がある)設定画面が見た目重視である反面、掲示板などで質問するときなど設定項目の説明がしにくかったり、操作に不自由がある。マイノリティ故の苦労がある。3.0は今現在(08/01/26)複数のバグを含んでいる。しかし、一般的用途において常用することで支障がないレベルではある。3.0になりWindows 2000のサポートが打ち切られた。2000ユーザは2.4を使うしかない。
MS-IME 2007を無料で利用するhttp://shima3.blog.so-net.ne.jp/2007-04-22

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/56-482fc310

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。