スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GEEXBOX日本語版 

いちいち作るのも面倒なので、カスタムしたのを置いておこう。日本語化、codec全部いりでほとんど全て再生可能。joystick操作用cfg設定済み。ブラウザからhttp://192.168.0.***/cgi-bin/index.cgiなどでコントロール可能。ftpサーバ稼動。ユーザ、パス共にgeexbox。samba、DLNAクライアント機能があるので、共有ファイルをそのまま再生可能。SHOUTCAST。GEEXBOX.zipsysLINUX.zipgeexbox.zipは解凍してそのままUSBメモリへコピー。syslinux.zipもルートへコピー。コマンドラインでsyslinuxをUSBのMBRへインストール。
syslinux -ma d: 
syslinux.cfgはUSBブート状態なので適宜変更。mplayer.cfgcache=4096でキャッシュを可変可能。全部メモリへ読むことで再生中HDDアクセスを止めることができるが、少なめのほうが再生中のパフォーマンスは良い。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/65-76eb8b6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。