スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux DTM Memo 

http://ubuntustudio.org/Ubuntu Studioが8.04ベースになっていた。むかし音楽するには300万かかっていたのが今では無料と恐ろしく恵まれた環境に。WINDOWSを使わなければOSさえ無料。updateでだいぶ簡単になってきたようだが、まだ努力と根性が必要。64bitバージョンを使えばCPUをフル活用できそう。ubuntu JP版からubuntustudioをaptで入れる方法もあるが、LOW LATENCYカーネルを入れると快適になる理由から初めから入れるのが良さそう。その後日本語チームリポリトジを追加して日本語化していくのがよい様子。どうもNVIDIA環境だと通常からubuntustudioをaptで入れるとXが立ち上がらなくなるらしく、解決法はあるが面倒そう。よく分からないがポイントになりそうな事。そのうち解決。・WINDOWS版VSTiを使う方法がある。・JACK audioを使う。・RENOISE にLINUX版がある。MOD TRACKERの流れを組む環境でVSTiが使える。フリーツールに比べ機能豊富で使いやすくなっている。DEMO版はWAVEレンダリング、ASIOが使用不可能だが、保存は可能で使った感じでは遅延もそれほどではないレベル。そもそもSTEP入力がメインなのであまり問題にならなそう。参考(そのうちまとめていく)http://linuxsalad.blogspot.com/2008/03/jack.htmlUbuntu Studio 導入ガイド (日本語化) †http://reg.s63.xrea.com/index.php?Ubuntu%20Studio%20%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%20(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%8C%96)http://www.sdcompo.com/votepack.phpLinuxでWindows用VSTを使うhttp://blogs.dion.ne.jp/terasan/archives/1113970.html

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatublog.blog74.fc2.com/tb.php/87-a6171577

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。